スカイマークが仙台空港から撤退

経営破綻をし、民事再生手続中のスカイマークは
仙台―神戸線の運行を10月に休止し、仙台空港から撤退することを決めました。
8月には米子空港から撤退することもあり、不採算路線の見直しに力を入れています。
採算が取れる目安の搭乗率60%を達していないことから、撤退することとなったようです。

スカイマークの破綻にともない、負担が増えるのは地方在住者です。
価格競争の結果、比較的安い値段でスカイマークは利用することができていましたが
これで一つ足が減ってしまうことになります。
米子空港に関しては2013年に就航したばかりで、1年8ヶ月しか運行していませんでした。
期待に反して搭乗率は低く、採算が取れなかったようです。
コレに関しては見通しが甘すぎる、としかいえません。
仙台空港も決して経営状態が良いとは言えず空港にとってもダメージとなるはず。

せっかく就航したと喜んだのもつかのま、これでは落胆してしまいます。
仙台―神戸間の運航はスカイマークが唯一の便でした。
今後は仙台から神戸に行きたい場合には、仙台―大阪、そこから陸路になります。
せっかくスカイマークが就航したからと旅行の計画を立てた人もいるはずです。
いずれ経営を立て直して、休止した路線を復活させて欲しいですね。

2015年5月12日 23:50

月別アーカイブ