破綻したスカイマークの再建策

2015年1月28日、国内航空3位のスカイマークが経営破たんしました。
赤字額は136億円。
自力での経営再建を諦めることとなりました。

これによって神戸空港が大打撃を受けると懸念されています。
神戸空港では一日に30便の発着枠があるのですが、このうちの7割
21便がスカイマークの路線だからです。

もしスカイマークの再建がうまく行かなければ
神戸空港の運営が致命傷を受けてしまうかもしれないのです。
最悪の場合にはスカイマークが完全撤退してしまうかもしれませんし
もともと神戸空港の経営は思わしくないので、心配なところではあります。

経営破たんしたからと言って、減便するのも3月まで。
4月からは元通り21便に戻るとはしていますが
一体どうなってしまうのかは、まだ不透明な部分が大きいです。

現在分かっていることでは中部発着路線の大幅減便、那覇発着の
宮古・石垣路線からの撤退が明らかになっています。

私達利用者にとっても宮古・石垣路線がなくなったことで
航空運賃の高騰が心配されています。
引継ぎとしてソラシドエアが名乗りを上げていますが
運賃は上がってしまうため、島民割引などが検討されているそうです。
2015年2月26日 22:44

月別アーカイブ