飛行機の「お客様のなかにお医者様はいらっしゃいませんか?」って本当にあるの?

ドラマなどで良くある「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?」
というあのシーンは実際に本当にあるのかについて、実際に結構な頻度で起こっています。

飛行機は急に高度を上げたり下げたりすることがあるので、
体調を崩す人が発生しやすいのです。
そのため、お医者さんがいるかどうかを確認するドクターコールも多くなります。

電車などでも起こり得るのですが、電車の場合は最寄駅に停車すれば
駅員が対応して救急車を呼ぶなどの処置ができるのでドクターコールは殆どありません。
しかし飛行機は具合の悪い人が出たとしても、簡単に着陸できるわけではないので
ドクターコールをせざるを得ないのです。

問題はドクターコールそのものではなく、ドクターコールに応じる医者が少ない事です。
実際に医者にアンケートを取ったところ、ドクターコールに応じるか?という質問に対し
「応じる」と回答したのは全体の4割程度でしかありませんでした。
さらに半分近くは「その時にならないとわからない」と回答しています。

どうしてこのような結果になってしまうのか、それは医療体制が整っていない状態で
急に患者が発生しても的確な対応ができるかどうか分からないという理由です。
医者だからという理由だけでその患者に対する責任を負うのは難しく、
処置を間違えてしまうと責任問題になりかねない、という意識があるのかもしれません。

ドクターコールに応じない医者がいたとして、貴方はそれを責められますか?
もし自分がその立場になったら応じられるでしょうか。
賛否のある問題だと思います。
2019年7月29日 00:51

月別アーカイブ