ピーチが一人勝ちしてる理由

日本の乗り入れているLCCはピーチ、エア・アジア、バニラ・エア、
ジェットスター、春秋航空など色々な航路があります。
そんな中で圧倒的に強さを示しているのがピーチです。
LCCとして価格帯は他の会社と大きな大差はありませんが、ピーチが一人勝ちしている理由は
以下のようなものがあります。

・拠点空港を関西国際空港にしたこと。
 24時間離発着可能であり、関空からであれば日本各地へ航路を開くことができる点。

・コストダウンを行ったこと。
 徹底的なコストダウンを行い、従来のLCC以上に利益率の幅を広げました。

・就航率、信頼性、搭乗率などが軒並み高いこと。
 LCCの課題である就航率を高く維持していることと、ANA資本ということもあり
 ネームバリューや信頼性が高く、そのことが高い搭乗率を維持しています。

・マーケティングが的確であること。
 マーケティングに無駄が無く、顧客ニーズに対して的確に行われています。

顧客目線に立ちながら、徹底的な合理化を進めたことがポイントになったようです。
ANA資本でありながら、当初は子会社ではなく完全独立した会社でした。
2017年になって完全子会社化しましたが、それでもピーチの独立性は維持するとしており
レガシー航空会社と明確な違いを維持していることも好調の秘訣でしょう。

LCCとレガシーでは、どうしてもコスト面において考え方が全く違うところがあり
レガシーの子会社になると経営面などに割り込んでくることが多く、
過去にいくつかのLCCが倒産した事実もあります。
そういう点においてもピーチは独立性を維持していることが、サービス提供という観点で
ブレがないとみなされていると言えます。
2017年7月23日 18:06

月別アーカイブ