飛行機に電池、モバイルバッテリーは持ち込めるの?

去年の話になりますが、韓国サムソン製のスマホが充電池の不良により
発火する問題がありました。
現在も全ての問題製品が回収されたわけではありません。
ポケットに入れていて発火し火傷をしたり、飛行機に持ち込んだスマホが
発火するなどの事故が多発しています。

この問題が起こったことによって、航空各社は飛行機への対象スマホの
持ち込みを禁止する処置を取っています。
荷物の中に入れていて発火し火災に発展してしまうリスクを懸念しての処置です。
本来であればスマホの電池やモバイルバッテリーはそのまま持ち込んでも、
全く問題のないものですから規制されているサムソン製のスマホでなければ、
飛行機内への持ち込みは制限されていません。

ただできれば預かり荷物の中に入れておくよりは、手荷物として持っていた
方が良いかもしれません。
航空会社も敏感になっているので、該当の製品かどうかを厳しくチェックしています。
手持ち荷物であれば簡単にチェックすることができますが、預かり荷物になると
どうしても別ルートでの確認となってしまい見落とすこともあります。
自分では大丈夫な製品だと思っていても、実は規制製品だったということも
無いとは限りませんので事前にしっかりと対処しておきましょう。

預かり荷物の中で発火して飛行機事故に繋がってしまっては洒落になりません。
自分だけでなく周りの人の命にもかかわることですから、なぁなぁにしないでください。
2017年1月12日 21:00

月別アーカイブ