LCCで事故にあったら保証はどうなる?

格安航空会社のLCC各社は安さもあって人気になっています。
国内線だけでなく国際線でもLCCは路線数を増やしていて、
今やLCCに乗るのも当たり前のようになりつつあります。
価格が安いことは利用者にとって最大のメリットとなりますが、
保障面で気になる人もいるでしょう。
例えば、事故にあって怪我をしてしまったり最悪死亡事故などに
遭ったときにどの程度保障してくれるのかなどです。
気にはなっていても具体的に金額を確認する人は少ないかもしれません。

LCCでない既存の航空会社の場合、死亡事故の場合は無制限となっています。
無制限とはいえ、事故の原因や死亡時の年齢などによって保証額は
変わってきますが、基本的に無制限になります。
これに対してLCCの場合はその航空会社がどこの国籍なのか、
また路線がどうなっているかによって保証額は違ってくる可能性があります。
基本的には無制限と考えていいとは思いますが、国際的な取り決めで
上限を設けているというようなことはありません。

なお、アメリカに乗り入れする路線については死亡時の補償を
無制限とする取決めがありますので、これに関してはLCCも同様です。
LCCとはいっても、既存の航空会社系列などの場合は殆どが無制限であり、
あまり心配する必要はなさそうです。
あまりに無名なLCCとなると利用する前に保障について確認しておくほうが
無難かもしれません。
LCCのサービスは既存航空に比べると低いですが、その分価格は安いですので
保障内容が気になる人は事前に確認しておきましょう。
2015年11月 7日 09:53

月別アーカイブ