春秋航空の737円セールって今でもやってるの?

日本に乗り入れているLCCに春秋航空という航空会社がありますが、
このLCCのすごいところは毎月7日から5日間の期間限定で
国内線片道737円、国際線片道999円という超激安価格キャンペーンを
行っているところです。
昔は不定期に行っていましたが、今は毎月7日から実施しています。

国内線は成田発、札幌、大阪、広島、佐賀
国際線は関空発、上海、重慶 名古屋発、ハルビン 高松発、上海 佐賀発、上海
等となっています。

ただ注意すべきところは期間限定に加えて座席数限定なので、
その座席分が完売になるとキャンペーン期間内であっても金額は上昇します。
それでも国内線737円、国際線999円というのは魅力的ですよね。

737円とか言ってるけど、何だかんだで高くつくんじゃないの?って思ってる人。
その考えは一部正解で、一部不正解です。
仮に往復で購入した場合、最終的な支払額がいくらになるか計算してみました。

航空券片道737円の往復で1474円、これに以下の手数料が加算されます。
空港使用料760円
支払手数料430円*2(往復分)
座席指定料800円

合計3864円となります。
これには手荷物の手数料は加算されていませんので、旅行などで手荷物がある場合は
手荷物手数料が加算されます。

チケット代よりも手数料の方が倍以上取られている!ってことになりますが、
それでも往復で3864円なら激安は間違いなしです。
ただ、ちょっと納得いかないところはありますけが、超激安チケットで旅行したい人は
春秋航空の新737セールでチケット購入を目指してみてはどうでしょうか。
2017年6月28日 23:01

月別アーカイブ